日記ページ

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:全体
未来にむかって~(副校長から)6月号

taiiku_touritsu_hojo.png

 今回のテーマは,「基礎感覚」です。学校では,スポーツフェスティバルが終わり,体力テストが始まりました。こどもたちの体力の低下が問題視され,小学校でも様々な取り組みが行われるようになりました。しかし,こどもの体力向上は,小学校に入ってからでは既に遅く,幼児期からの取り組みが重要だと言われています。今から10年以上前には,文部科学省が「幼児期運動指針」を策定し,公立の幼稚園や保育園を中心に取り組んできました。成長期である幼児に,特定の種目に特化して運動を強いることは,かえってバランスの取れた成長を阻害すると言われています。さらに,幼児期から「できた」「できない」で評価されてしまうことは,自尊感情を低くしてしまう可能性があります。
 運動の基礎となる多様な動きは,遊びを通して様々な形で経験しておくことが重要となります。そのために,公立幼稚園では,遊びが発展し,より運動の質が高まるような環境を構成し,支援していきます。自由に遊んでいるように見えるかもしれませんが,先生の環境構成(道具や遊具を用意する,掲示物や壁面等で雰囲気を作る,など)によって,多様な動きや価値ある体験ができるように仕組まれています。
 さて,「逆立ち」をできるようにするためには,壁などを使ってひたすら練習すればいいというものではありません。逆立ちに必要な感覚を身に付けていく必要があります。幼児期に多様な運動を経験しているお子さんは,難なくできるかもしれませんが,そうでないお子さんの方が多く,準備運動の一つとして基礎感覚タイムを設定する必要があります。逆立ちの難しさは,頭の位置が手元より下がるという感覚に慣れることです。そのために,手足を着いて歩く(四つん這い,熊さん歩き)ことから手足走りをたくさんすること,さらに普通の手押し車から足の位置を高くした手押し車を経験させていくことで,両手の間に頭が入る感覚が身に付いてきます。そして,蛙の足打ちでは,できるだけたくさん足を打つことに挑戦させ,腕の間に頭が入り,腰が上がる感覚を身に付けます。また,逆さになる感覚は,鉄棒や登り棒を使った足抜き回りなどをたくさんすることで身に付き,三半規管も鍛えられていきます。幼児期,親子で向かい合って手を繋ぎ,親の体を足で登らせて回転するといった遊びをしておくと,身体の回転感覚や逆さ感覚が自然に身に付いていきます。
 低学年の体育は,幼児期の「運動遊び」の流れを前提に領域が構成されています。学習指導要領にある「体つくり運動」「ゲーム」以外は,「機械・器具を使っての運動遊び」「走・跳の運動遊び」「水遊び」「表現・リズム遊び」となっており,「遊び」が基本です。幼児期と同様,特定のスポーツの指導を通して,特定の筋肉や神経系を発達させるのではなく,走る,登る,ぶら下がる,等々の基本的な動きについて,遊びを通して身に付けていくことが大切です。ぜひ,この体力テスト月間の折に,ご家庭でも一緒に「基礎感覚」を高めたり,体力テストや体育の学習について話し合ったりしていただけたら,嬉しいです。              副校長  齋藤 克人(長文になってしまいました・・・。)

公開日:2024年06月12日 12:00:00
更新日:2024年06月13日 08:20:02

カテゴリ:全体
未来にむかって~(副校長から)5月号

magnifier_animal_inu.png

 今回のテーマは,「体験的な学習」です。第6学年の理科「ものの燃え方」では,ものが燃え続けるときは,新しい空気が必要であるという仮説を実験によって確かめます。次の課題となることは,「なぜ,新しい空気なのか?」ということです。そして,ものが燃える前の空気と,物が燃えた後の空気の質的変化を確かめていきます。
 学習指導要領にも「植物体が燃えるときには,空気中の酸素が使われて二酸化炭素ができること」と示されており,焼却には,空気中の酸素が使われ,植物体(=有機物・炭素を含む物質)が燃えた後には,二酸化炭素ができることを確かめます。ここでは,石灰水を使って定性的に見ていきます。
 この学習では,重要な概念の転換や拡大があります。一つは,空気は,単体の物質でも化合物でもなく「混合物」であることを理解することです。酸素という言葉や空気の組成を知識として知っているお子さんでも,スキューバダイビングのときに使うタンクの中には,酸素が入っていると思っている子が結構います。生命体にとって酸素は不可欠ですが,約21%酸素という割合が重要です。この学習を通して,空気は一つの物質ではない,という概念の拡大が期待されます。
 もう一つは,ものが燃えるときに酸素が使われるが,「酸素自体が燃えているわけではない」ということです。お子さんにとってものが燃えることは,それ自体に火が付いて燃えることであると考えます。この学習を通して,焼却には,酸素が必要であることを学びますが,「酸素自体が燃える」と捉えるお子さんがいます。定量的にも酸素が減って二酸化炭素が増えることから,酸素が二酸化炭素に変化したと捉えてしまいます。空気と酸素でスチールウールの燃え方を比べてもなかなか難しい概念です。半分かりの状態で「酸素の支燃性」という新たな概念を得ることになりますが,これは,中学校での「酸化」の学習によって初めて理解できることになります。
 ものの燃え方を学んだお子さんは,火を消すには水をかけるだけでなく,空気(酸素)を遮断すればいい,ということに気付きます。水は,燃焼温度を下げることで火を消しますが,粉や泡の消化器は,燃焼物が酸素に触れないようにすることで火を消します。さらに,キャンプファイヤーの薪の組み方も,空気の流れを考えて組んでいることに気付くはずです。
 学校で体験を通して得た知識や技能は,身の回りの事象と関係付けて説明したり,実際に体験したりすることで,より確かなものになっていきます。本物の知識・使える技能(=生きる力)にするためには,学習後の「体験」が重要になっていきます。その意味でも,「生活科」や「総合的な学習の時間」は,教科での学習内容にリアリティーをもたせる重要な役割を果たしています。  副校長  齋藤 克人

公開日:2024年05月12日 16:00:00
更新日:2024年05月14日 11:32:34

カテゴリ:全体
未来にむかって~(副校長から)4月号

nyugaku_syougakusei.png

 令和6年度がスタートしました。今年は,開校10年目の年となります。江東区では,周年行事を11年目としていますので,令和7年度を予定していますが,大きな節目となる今年1年はいろいろな意味で学校としての総まとめ,区切りの1年となっていきます。そして,さらによい学校にしていきたいと考えます。
 さて,今回のテーマは,「おかげさま」です。「おかげ様」は,「かげ(蔭)」に「お」「様」を付けて最上級の丁寧語にしています。他には,「お疲れ様」「お世話様」「お邪魔様」など,相手への気持ちを謙虚に表す言葉があります。「蔭」のそもそもの意味は,神仏の助け=「加護」ですが,一般化して「他から受けた力添え」「恩恵」へと拡大しています。根拠のない自信,身勝手な自己有能感をもったこどもは,すべて自分の力で上手くいっていると思っています。人が生きていく上でだれかの世話にならないということはありません。「他から受けた力添え」に気付くことが大人になっていくことです。対価を支払えば,感謝する必要がないとする考え方も,大人としてあまりに未熟と考えます。
 さて,話は変わりますが,「人は見た目で判断してはいけない。」と言います。このことは,逆に,人は,見た目で判断されるということを表しています。その人との関わり,つまり,その人と話をしたり,いろいろな面を見たりすることで,その人のことが少しずつ分かってきますが,それは,第一印象とのギャップを埋める作業だと考えます。それだけ,人は,第一印象に引きずられます。こどもも同じです。今年度も,始業式後に校庭で学級指導を行いました。短時間の出会いでしたが,こどもたちによい印象をもたせ,翌日からの学校生活に期待感を抱かせることが大切でした。先生方は,「担任の先生,何か楽しそう。」「楽しい学級になるかもしれない。」という思いをもたせるような出会いを演出していました。「今度の先生,面白そう!」とご家庭でも,そんな話をしていただけると,お子さんも安心し,よい印象をもつことができるかと思います。
 最後になりましたが,この10日間,こどもたちは,新しい環境の中で一所懸命に力を発揮していました。令和7年3月までの1年間,第一印象を大切にしつつ,周りの人への「おかげさま」の気持ちを忘れずに,随所で活躍して欲しいと願っています。保護者の皆様におかれましても,本校の教育活動にご理解・ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。            副校長  齋藤 克人

公開日:2024年04月17日 13:00:00
更新日:2024年04月19日 15:14:34

カテゴリ:全体
未来にむかって~(副校長から)3月号

ribbon_syuku_syuryou.png

ribbon_syuku_sotsugyou.png

 今回のテーマは,「あなたが いたから」です。4月の学級開きから1年,学級を閉じる時期となりました。お子さん一人一人が「この学級で良かった。」という気持ちを残して,学級を閉じられるといいなと考えています。そのためにも,担任の先生が「いい学級だった。」「先生も楽しかった。」と言えることが大切です。お子さんの中には,進級・進学への不安を感じている子もいることと思います。その不安を払拭するためにも,1年生から5年生は,進級への期待を膨らませ,希望をもたせて,発展的に学級を閉じていくことが大切です。6年生は,小学校の締め括りであり,大きな節目を迎えます。中学校生活への期待よりも不安が大きいかもしれませんが,中学校生活での楽しそうなことを想像させ,いい気持ちで卒業して欲しいと願っています。
 さて,こどもたちは,自分一人で大きくなったと考えがちです。確かに,時間とともに心も体も成長していきます。こども自身の成長する力,よりよくなりたいと思う気持ちが成長の原動力であることは,確かです。でも,「人は人によって人になる」という言葉のとおり,人との関わりによって成長していきます。こどもたち相互,こどもと担任との関わりがあるからこそ,その中で成長していきます。他者との関係による成長には,以下の3つの側面があります。
(1)他者が鏡になる → 他者を通して,自分を見つめることができます。他者を鏡にすることで,自分の姿が明らかになり,成長のきっかけになります。
(2)他者に教えてもらう → こどもたちは,自分の力で,できる部分と誰かの助けにより理解し,できるようになる部分があります。学びには,他者が必要です。
(3)他者に励まされる → 一人ではできないことも,一緒に取り組む仲間がいたり,応援されたりすると力が出ます。互いに励まし合うことは,勇気を与えます。
 「他者」は,「あなたたち」と考えてしまいますが,「あなた」のように特定の誰かを意識することが大切だと考えます。英語では,「あなた」も「あなたたち」も「You」ですが,日本語は,明確に区別します。学校では,キャリア教育の一環として,学級を閉じるにあたり,自分の成長を手助けしてくれた特定の「あなた」について,考えさせる学習を設定します。ご家庭でも,ぜひ,「あなた」について,話題にしていただき,お子さんが「あなたが いたから」というお話をしてくれたら,大変嬉しく思います。
 最後になりましたが,この1年間も,本校の教育活動にご理解,ご協力をいただき,本当にありがとうございました。                            副校長  齋藤 克人

公開日:2024年03月01日 12:00:00
更新日:2024年03月05日 13:06:47

カテゴリ:全体
未来にむかって~(副校長から)2月号

calender_kabekake.png

 今回のテーマは,「基準」です。今年は,4年に一度の「閏年」,オリンピックイヤーでもあります。閏年は,明治時代の法津に規定され,現在でも適用されています。ここでは,武天皇即位紀元年数(=「皇紀」,西暦に660を加えた数)が4で割れる年を閏年とするとともに,紀元年数から660を引いた数(西暦)が100で割れる年を平年(閏年でない年),400で割れる年を閏年としており,閏年は400年に97回やってくることになります。(簡単に言えば,(1)西暦年号が4で割れる年を閏年とする。(2)(1)を例外として西暦年号が100で割り切れて400で割り切れない年は平年とする。ということで,2000年は,閏年ではありませんでした。)
 地球が太陽の周りを1周する時間を一年としていますが,実際に地球が太陽の周りを回るには,365.2425日(約365と6時間)かかっており,4年に一度,1日加えることで修正しています。これが閏年であり,古来より経験的に行ってきた人間の知恵です。
 また,「一日」や「一秒」の長さの決め方について,かつては,地球の自転を基準にして「一日」という長さが決められ,その24分の1を1時間,さらにその60分の1を1分,その60分の1を1秒としていました。今では,セシウム原子周波数標準による1秒の積み重ねで世界標準時が決められています。しかし,地球の自転速度にムラにより世界標準時との差が生じるようになりました。そこで,数年に一度「うるう秒」を加え,調整を図っています。「長さ」も,かつては,子午線の1000万分の1を1メートルとしていましたが,今では,真空中で光が1/299792458秒に進む距離と定義されました。また,重さについても, アボガドロ定数による定義が検討されており,メートル原器やキログラム原器などの人工物による基準は,消えていくことになります。科学の発展とともに,度量の根本となる基準が変わっていきます。                           副校長  齋藤 克人

公開日:2024年02月01日 22:00:00
更新日:2024年02月05日 17:31:09

カテゴリ:全体
未来にむかって~(副校長から)1月号

thumbnail_talk.jpg

 先日20日(土)に学校公開を実施いたしました。保護者・地域の皆様には,1日という限られた時間の中,またご多用の中,ご来校いただき,本当にありがとうございました。
 さて,今回のテーマは,「まず,聞く」です。日本人は,コミュニケーション能力に課題があると言われ,学校教育,特に国語教育の中で「伝える」ことに重点がおかれてきました。しかし,伝えるための技法を教えることに終始し,内容の精選や相手意識は,重要視されませんでした。これは,「コミュニケーション」のもう一つの意味である「共有」が忘れ去られてしまったからと考えます。
 分かり合うためには,伝えることが必要です。分かってもらおうとするために,一所懸命に話そうとします。しかし,話せば話すほど伝わらないということが起こります。これは,人は話を聞くよりも,自分の話を聞いて欲しいという思いが強いからです。話を聞いている場面で聴き手は,頭半分で聞きながら,残りの半分では次に何を話すのかを考えたり,口を挟むタイミングを計ったりしています。互いに,このような状況だと,結局,何も伝わらないことになってしまいます。どちらかが聞き手に徹し,「まず,聞く」ことが大切です。学習の場面では,話すことに重点がおかれますが,聞くことこそ,大切なコミュニケーション能力です。聞き手は,何を伝えようとしているのか,共感すること,共有すべきものは何かを考えながら聞くと伝わってきます。「話し方」以上に「聞き方」の学習に重点をおくべきです。
 分かり合うことは難しいことですが,だからといって,諦めるのではなく,分かろうと努力をし続けることが大切です。その背景には,人を大事に思う気持ち,人と関わりたいと思う気持ちが大切です。ここから,育てていかなくてはならないような気がしています。ぜひ,ご家庭でも,「まず,聞く」について,人を大事に思う気持ちや人と関わりたいと思う気持ちを話し合っていただけたらと思います。
                                  副校長  齋藤 克人

公開日:2024年01月29日 05:00:00

カテゴリ:全体
未来にむかって~(副校長から)12月号

bijutsu_gaban_man.png

sketch_gaban_woman.png

 今回のテーマは,「褒める」です。学校では,本日14日から展覧会が始まりました。こどもたちの作品を観ていると,工夫したところが必ず見付かります。平面作品では,苦労したり,こだわったりした様子が見えてきます。そんな平面作品,特に「絵」には,完成を自分で決めなければならない難しさがあると,考えます。小学校の頃,自分なりにいいかなと思っても,つい描き加えたり,いじったりして取り返しのつかないことになって後悔することがありました。
 私が小学校4年生の時に,図画工作は,専科の先生になりました。その先生がお話を読んでくれ,その情景を絵にするという学習がありました。一人ひとりが下絵を描き,さらに描いた場面ごとにグループになり,そのグループで共同して大きな絵に仕上げ,超大型の絵本にしていきました。私は,主人公を描いていましたがネズミが,その先生が自分のグループに来て,「あなたの描いた主人公を大きく描いた方がいいよ!」と言ってくれました。「上手!」と直接褒められた訳ではありませんが,認められたことが嬉しかったことを今でも覚えています。
 褒められると嬉しくなるのは,ちゃんと見ていてくれていると実感できるからです。承認欲求の強さは,自信の無さの裏返しです。また,自信の無さを隠すために相手を低く見たり,先制攻撃をしたりと言った行動をとるようになります。今のこどもたちは,実は自信がなく,認められたくてしょうがない子が多いように感じます。小さなことでも具体的に褒めて,認められていることを実感させ,自信を付けさせていきたいものです。
 そこで,上手な褒め方についてですが,後ではなく,(1)その場で褒めること。美辞麗句を並べるのではなく,(2)自分の感動で褒めること。さらに,(3)結果と過程を結び付けて褒めること。総括的ではなく,(4)具体的に褒めること。第三者が褒めていたという,(5)三角褒めを使うこと。などがポイントだと考えます。
 ぜひ,ご家庭でも,展覧会にご来校いただき,お子さんの作品について,頑張りを認めたり賞賛したりしていただけたらと思います。                     副校長  齋藤 克人

公開日:2023年12月14日 20:00:00
更新日:2023年12月16日 08:41:55

カテゴリ:全体
未来にむかって~(副校長から)11月号

skate_figure_pair.png

 今回のテーマは,「レジリエンス」です。後期から5年生の担任をしていますが,先日,TGG(東京グローバルゲートウェイ)や社会科見学に引率した際,持って行ったリュックサックに「折れない心」という缶バッチが付いています。サッカーをしている息子のリュックサックを借りて行ったので,いつの間にかに,息子が付けていた物です。
 担任をしている5年生が2,3才頃のことになりますが,この「折れない心」がスポーツ界から端を発し話題になっていました。フィギュアスケートの浅田真央さんがソチオリンピックのショートプログラムで失敗したものの次のフリーでは自己ベストを更新したり,羽生結弦さんが,試合の直前練習で他選手と衝突で怪我を負いながらも銀メダルを獲得したりといった危機からの復元力の強さです。「レジリエンス」と言われる概念ですが,一発勝負のスポーツではメンタルトレーニングとして学んでいると言います。「レジリエンス」は,「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」などと訳される心理学用語で,鋼のような強さではなく,柳のような折れないしなやかさです。
 お子さん達の「レジリエンス」を強化するには,友達との絆を実感させることが一番です。一緒に考えたり,喜んだりする経験が共感性を育み,マイナス要因をプラスに転換する力が付いてきます。そのために,学校では,対話をしながら学習を進めたり,学年や学級で共感体験を積み重ねたりしています。さらに,仲良し班活動などで,年少者などの面倒をみることで自己有用感や自己有能感をもたせていきます。
 ぜひ,ご家庭でも,「レジリエンス」を強化するために,一緒に考えたり,喜んだりする経験を増やして共感性を育んだり,年少者の面倒をみさせることで自己有用感や自己有能感をもたせたりしていただけたらと思います。                            副校長  齋藤 克人

公開日:2023年11月22日 18:00:00
更新日:2023年11月24日 13:04:28

カテゴリ:全体
未来にむかって~(副校長から)10月号

shinki_itten_woman.png

shinki_itten_man.png

 今回のテーマは,「リスタート(2)」です。4月号で新年度の「リスタート」について,述べさせていただきましたが,今月は,後期の「リスタート」についてです。
 来週から後期が始まります。3日間のお休みでは,新鮮味がありませんが,新たな気持ちでスタートしたいと思います。新たなスタートの方法には,2つの方法があります。「リセット」と「リスタート」です。「リ」は接頭語で「再び」「やり直す」「逆に」「後ろに」の意味をもたせます。辞書を引いてみると「リ」が接頭語になっている英単語が多いことを再発見します。「再+発見」「再+確認」のように,日本語でも「再」をつけることで派生語を作ることができます。
 リセットは,最初の状態に戻すことであり,コンピュータやゲームはリセットできますが,人生を含めて人間の過去は,リセットできません。一方,リスタートは,思い立ったその時点からやり直すことができます。さらに,リセットは,また同じことを行うイメージですが,リスタートは以前とは違う前向きな改善,仕切り直しといったイメージがあります。
 昨日まではできなかったけれど,そのことに気付いて「今日から頑張ろう」と思うことがリスタートです。リスタートはいつでもできますが,三日坊主になりがちです。三日坊主の原因として,(1)目標が不明確 (2)具体的な行動を想定していない (3)達成状況が分からない (4)実行することのよさを実感できない,等々が挙げられます。来週は,キャリアパスポートで「後期のめあて」「後期に頑張ること」を確認する場があると思います。「○○を頑張る」という曖昧な目標ではなく,「○○を毎日続ける」のような具体的な目標と,そのための「○○をする」といった行動目標に落とし込むことが必要です。さらに,途中で振り返る場を作ることにより,達成状況を確認します。そして,先生や友達,保護者がその頑張りを認めたり賞賛したりすることにより,改善意欲が強化されていきます。
 ぜひ,ご家庭でも,キャリアパスポートについて,めあてや頑張ることを確認し,その頑張りを認めたり賞賛したりしていただけたらと思います。             副校長  齋藤 克人

公開日:2023年10月05日 15:00:00
更新日:2023年10月12日 17:12:31

カテゴリ:全体
未来にむかって~(副校長から)9月号

group_kids_no_dog.png

 今回のテーマは,「知的好奇心」です。こどもたちにとって分かる学習にするためには,こどもの知的好奇心を刺激する必要があります。こどもは,新しいことを知りたい,学びたいという気持ちをもっています。その気持ちを上手く活かしていけば,こどもが主体性を発揮し,自ら分かる学習を作っていくようになります。しかし,知的好奇心の方向性や中身はこどもによって異なります。それは,生活経験からくる興味・関心の違いです。一方でこどもの「遊び」は,知的好奇心や精神的欲求が原動力となっています。学校では,この「遊び」を上手く取り入れています。
 生活科では,「もっと」という言葉が知的好奇心を刺激します。「もっと大きなシャボン玉を作りたい。」「もっと丈夫なシャボン玉を作りたい。」「もっとたくさん作りたい。」など,こどもたちは,遊びながら「競争」や「偶然」を楽しんでいます。そして,自分の中で「もっと○○」を設定して,創意工夫を楽しんでいきます。「さっきより大きなシャボン玉」「誰よりも丈夫なシャボン玉」を目標として,試行錯誤を繰り返していきます。ここには,その子なりの気付きがあり,思考があります。しかし,その気付きも思考も表出させなければ伝わらず,皆で共有することもできません。さらに,表出することで気付きが思考として整理されていきます。この過程の有無が「遊び」と「学習」の違いです。
 理科では,「もっと明るくするには?」「もっと食塩を溶かすには?」「もっと大きく育てるには?」・・・と,「もっと」を考えさせることで,「条件」を変えることに目を向けていきます。「もっと」は,現状を変えるための言葉です。新しいことを知りたい,学びたいは,「現状を変えて,よくなりたい。」という思いから生まれます。「もっと○○するには?」の○○は,変化を期待する具体的な言葉が入ります。
 ぜひ,ご家庭でも,生活経験からお子さんの知的好奇心を刺激していただけたらと思います。
                                  副校長  齋藤 克人

公開日:2023年09月24日 14:00:00
更新日:2023年09月29日 13:23:34