学年から

カテゴリ 件数 検索
カテゴリ:5年
5年生 バケツ稲(社会)

社会科の学習で、バケツに苗を植えました。


 今回は、バケツに黒土と、赤玉土を使って土作りをしました。(床土(とこつち)づくり)
 土がよく混ざったら、水を入れてさらにかき混ぜます。(田植えでいう代掻き(しろかき)という作業です)
 土に水を馴染ませて、平らに整えます。こうすることで、苗が植えやすく、根付きもよくなって、元気な苗が育つそうです。
 最後に、15センチ程に育った苗を慎重に土の中へ。

 土の感触を確かめながら、大胆に、慎重に苗の植え付けができました。

 ここからは、土から2センチくらいの水位を保つことや、鳥から稲を守る対策をしながら、大切に育てたいと思います。


 こどもたちからは、「思っていたより大変だった」「農家の人はこんな思いをしていたと分かった」「お米ができたら食べたい」「これからは残さずに食べたいと思いました」という感想が出ました。


稲1.jpg

稲2.jpg

ine.jpg

稲4.jpg

公開日:2021年05月25日 16:00:00
更新日:2021年06月03日 07:50:56

カテゴリ:5年
5年生 校内に緑を(栽培委員会の活動)

栽培委員会1.jpeg

栽培委員会2.jpeg

栽培委員会3.jpeg

今年度最後の栽培委員会の活動として、卒業式に向けて春のお花を植えました。

 校門を入った所から、昇降口に向かって花道を作りました。
花の苗を慎重にプランターに植え替え、たくさん水をあげたり、お花を整えたりして、手入れをしました。

 5年生にとっては、6年生と活動する最後の機会になりましたが、一緒にお花のお世話ができたことは、とても素敵な思い出になりました。

 今年度新設された栽培委員会ですが、校内に植物を増やしたり、植物の手入れをしたりする活動を通して、全校のこどもたちが植物に親しみ、触れ合う機会を作りたいと考えています。
 
 また、毎日お世話をする責任感や、生き物を大切にしようとする気持ちを育むことができるように、活動を支援したいと思っています。
 
 今年度取り組んだ球根植物の栽培も、「なかなか芽が出ない」「お日さまにもう少し当ててあげようかな」などと、情報交換をしたり、自分たちで調べて工夫したりしながら栽培しました。

 今年度も次年度以降も、委員会活動をリードしてくれた6年生の思いを引き継ぎながら、こどもたちの意欲的な活動を支えたいと思います

公開日:2021年03月19日 18:00:00

カテゴリ:5年
5年生 ウォールポケット作り(家庭科)

 家庭科では、「ミシンにトライ」の学習で、生活に役立つもの作りとしてウォールポケットの製作をしています。ミシンの直線縫いでウォールポケットの形を作り、糸でステッチをして、好きな模様を付けていきます。

 基本の縫い方で、丁寧に刺繍をする姿や、難しいステッチに挑戦しようと取り組む姿も見られ、針に糸を通すことにさえ時間がかかっていた昨年の春を懐かしく感じました。
 同時に、こどもたちの確かな成長も実感することができ、とても嬉しかったです。

 作品が完成したら、持ち帰って家庭で活用できるとよいと思います。また、身近な布製品に関心をもったり、身の回りを整理・整頓するという習慣を身に付けたりするためにも、今回の製作活動を生かしてほしいと思っています。
 ご家庭でも、製作中のこどもたちの思いや、作品の活用法についてお話いただけましたら幸いです。

IMG_6925.JPG

IMG_7252.jpg

IMG_7273.jpg

IMG_7270.jpg

IMG_6991.jpg

公開日:2021年02月25日 15:00:00
更新日:2021年02月26日 17:17:13

カテゴリ:5年
5年生 国際理解(総合的な学習の時間)

IMG_7628.jpg

 今回の学習では、様々な国を調べている中で、インターネットや本では分からないことを、実際にインドに住んでいる方にZOOMを活用してインタビューをしました。

 こどもたちの素朴な疑問の
「日本と違うインドの文化はありますか?」
「日本と比べて物価は高いですか?」
「毎日カレーを食べているのですか?」
などに答えていただきました。

 インドには当たり前のように道に牛が歩いていることや
 インドでお醤油はなかなかないので一本1000円くらいすること
 どの食べ物もカレー味がする  など
インドに住んでいないと分からないことを教えていただけました。

 ZOOMを活用することで今までできなかったことも経験することができました。
 こどもたちには、これから、さらに様々な国を詳しく調べ、国際理解を深めてほしいと思います。

公開日:2021年02月12日 17:00:00
更新日:2021年02月12日 19:35:31

カテゴリ:5年
5年生 席書会

 5年生は、1月14日・15日に2クラスずつ体育館で席書会を行いました。

 今年一年の願いや思いを込めて、時間の中で字形やバランスを考えながら真剣に取り組む姿が見られました。
 完成した「希望の朝」は、どの字も力あふれる素敵なできあがりとなりました。

席書会 小.jpg

公開日:2021年01月20日 11:00:00
更新日:2021年01月21日 07:54:56

カテゴリ:5年
5年生 夢をもつ大切さ(総合的な学習の時間)

「夢先生」の特別オンライン授業に参加しました。

 様々な競技の「現役選手/OB/OG」などが「夢先生」として、「夢をもつことや、その夢に向かって努力することの大切さ」、「仲間と協力することの大切さ」など を「夢の教室」で伝えてくださいました。

 1・3組はサッカー飯尾一慶選手、2・3組はアイスホッケー菊池沙都選手からお話を伺いました。

 夢先生の話を聞くだけでなく「夢シート」を使って、子どもたちの
「いま好きなことや得意なこと」
「将来の夢(〇〇になって、〇〇したい)」
「そのためにできること、やってみようと思うこと」  を記入し発表しました。

 自分の「将来の夢」を文字で書くこと、言葉にすることで夢に向かうこどもたちを後押するようにします。

 夢は子どもたちの未来への原動力になります。

 一人一人が夢について、じっくり考える素敵な時間でした。

5nen yume.jpg

公開日:2020年12月21日 16:00:00
更新日:2020年12月24日 10:41:21

カテゴリ:5年
5年生 防災体験学習(総合的な学習の時間)

 先週の12/2(水)、12/3(金)、総合的な学習の時間【防災学習~災害から命を守る~】の一環で、防災体験学習施設「そなエリア東京」で防災体験学習をしてきました。

 新型コロナウィルス感染症予防のため、往復歩いての移動でしたが、普段は何気なく見ている運河の色、水辺にいる鳥やオリンピック会場にも目を向け、安全に気を付けながら、楽しく歩きました。

 施設内では、災害時の行動について、主体的に学習を進めていましたが、より現実に近い状況を見たり聞いたりすることで、改めて『命を守ること』を考える機会となりました。

 その後、こどもたちが企画したレクリエーションも成功し、久しぶりに『集団での行動・活動』を意識できた貴重な経験となりました。

line_559107183005463.jpg

line_559120962750198.jpg

公開日:2020年12月09日 09:00:00
更新日:2020年12月10日 17:13:55

カテゴリ:5年
5年生 防災学習(総合的な学習の時間)

 今、防災について学習しています。
 まずは自分たちで「もし、災害が起きたら」について考え、大災害が起きてから3日間を生き抜くイメージトレーニングをしました。
 「食料はどのくらい必要かな?」「災害が起きたら、本当に大切なものはなんだろう。」と疑問が出てきました。
 
 3日間を生き抜くために必要なことを知りたくて、オンラインで、東日本大震災の被災者の方にインタビューを行いました。
 震災後は家だと心配なので、しばらくは車で生活をしていたことや、行政からの支援はなく近所の人たちで支え合っていた話を聞きました。

 インタビューでは初めて知ることの連続でした。さらに来週には、そなエリアで防災施設の見学を行います。実際に3日間生き抜くためには何が必要なのかを体験し、学習をさらに深めていきたいです。
(下は、まとめた学習シートです。)

690C12B3-E4CD-427A-811F-ED60480B575D.jpeg

公開日:2020年11月26日 17:00:00
更新日:2020年11月29日 18:40:55

カテゴリ:5年
5年生 走り高跳び(体育)

 朝晩は、冬を感じさせるひんやりした空気が流れ始めました。 
 そんな中、5年生は体育の時間に、体育館では「走り高跳び」、校庭では、「ハードル走」の学習をしています。

 今日は体育館で「走り高跳び」の4時間目の学習をしました。
 1時間目には、ゴムをバー代わりに使い、助走のリズムをつかむところからのスタートでした。
 2・3時間目と学習が進む中で、グループごと「1.2.3」と声をかけ合って協力して練習しました。

 今日は4時間目。木のバーを使っての試技です。
 少し怖い気持ちを抑えて果敢に挑み、跳び越えることができると大きな拍手が体育館に響きました。

高跳び2.jpg

公開日:2020年11月06日 16:00:00
更新日:2020年11月06日 18:58:03

カテゴリ:5年
5年生 水産業のさかんな地域 社会科

5年 水産業.jpg

漁師さんにインタビューをしよう!!

佐賀県でイカ釣りを仕事としている折尾さんにオンラインでインタビューを行いました。

これまでの学習で見付けた解決したい疑問を代表者が質問しました。

〇10匹で30000円の価値になった高級イカ(剣崎イカ)について

〇船一台の金額、維持費について

〇後継者問題について

うなずきながら、ジェスチャーで〇や✕などのサインで自分たちの考えを表し、意欲的に学習することができました。

水産物のことをより身近に感じる、とても素敵な学びの機会になりました。

公開日:2020年10月22日 11:00:00
更新日:2020年10月22日 12:08:36